マンションで光回線の工事は可能?

マンションなどの集合住宅であっても、戸建て住宅の場合と同じように光回線の工事を依頼することはできます。

ただし、下記の様にいくつか条件があることと、住民である個人が勝手に工事を依頼することは基本的にできないこと、大家さんや管理会社に許可をもらう必要があることを確認しておきましょう。

マンションの光回線工事は、下記のようにケースによって工事内容が変わります。

1.初めからマンションに光回線がない場合

マンションにインターネット環境がない、あるいはまだADSL回線が使用されているなどで、光回線が導入されていないケースの場合、まず、大家さんや管理会社に連絡して光回線導入の許可を得なければなりません。

マンションの共用スペースに光回線を引き込んで各戸に分配する「共同利用方式」の工事はそれなりに大掛かりなものになります。費用は戸建てタイプの場合とそれほど変わりませんが、建物に光回線ケーブルを引き込む際に外壁に固定用の引き止め金具を取り付けたり、場合によっては壁に穴を開けたりすることがあります。また分譲マンションでは管理組合による承認も必須です。

共同利用方式が無理だった場合、個人で戸建てタイプのコースを選んで利用する方法もあります。ただし、マンションでこの方式が選べるかどうかはケースバイケースです。また、戸建てコースを選ぶ場合でも、大家さんや管理会社の許可が必要です。

2.光回線がマンションに導入されている場合

すでにマンションの共用スペースまで光回線が引き込まれていて、スプリッタと呼ばれる分配器が取り付けられているケースの場合、部屋への配線工事を行えば光回線が使えるようになります。

3.部屋に光回線が導入されている場合

各戸の部屋への配線工事も行われているケースでは、工事の必要はありません。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク