光回線の工事内容と期間について

今回は戸建て住宅で初めて光回線を利用する場合を中心に、光回線を導入するための工事について解説します。

光回線の工事:戸建て住宅の場合

1.電柱から家に光回線を引き込む

まず最寄りの電柱から光回線(=光ファイバーケーブル)を家屋へ引き込みます。多くの場合、電話線などと同じように空中を通して家の外壁まで架け渡します。その際、外壁にケーブルを固定するための引き止め金具などを取り付けることがあります。

2.その回線をさらに室内まで引き込む

さらに、光回線を室内へと引き込みます。引き込む方法は、すでに電話線の配管がある場合はそれを利用し、配管に空きがない場合はエアコン用のダクトを利用します。引き込みたい部屋の外壁にそのどちらもない場合は、壁に直径1cm程度の穴を開けて引き込むこともあります。

3.光コンセントとONU、ルーターをケーブルで接続

室内に回線を引き込みましたら、室内の壁面に光コンセントを設置します。光コンセントは光回線とONU(光回線終端装置)などの機器を接続するための差込口です。ONUは光信号と電気信号を相互変換する装置です。

ここから先はユーザーが作業を行います。光回線をパソコンに接続し、スマートフォンなどをWi-Fiで使うには、ONUとWi-FiルーターをLANケーブルで接続するのが一般的です。ルーターはパソコンやスマートフォンなど複数の端末をネットにつなぐための装置です。

光回線の工事:マンションなどの集合住宅の場合

マンションやアパートなどの集合住宅では、すでに共用スペースに光回線が引き込まれていることが多いです。各戸への配線工事まで行われているケースもありますが、スプリッタと呼ばれる分配器のみが設置されていて、配線工事は光回線を使いたい各戸の住民が回線事業者に依頼することになります。

光回線工事にかかる費用と期間

費用

費用はフレッツ光やドコモ光などの回線事業者、さらに戸建てかマンション(光回線が未導入の場合)か等の条件によって異なります。工事費はおよそ15,000円~25,000円かかります。また工事費が無料や割引になる新規・乗り換えキャンペーン、キャッシュバック等が用意されていることもあります。

期間

期間は、申し込んでから1~2ヶ月後に工事というのが目安になります。工事自体は30分から2.5時間程度で終わります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク